2019.3.05

髪と頭皮も紫外線に要注意

特集

皆さんは、髪や頭皮への紫外線についてどのくらい気にされていますか?顔や手足など直接紫外線が当たる部分は日ごろから気にかけている方が多いと思いますが、実は太陽に一番近い場所にある髪や頭皮。頭皮はヘアスタイルにもよりますが、顔の2倍以上の紫外線にさらされているとも言われています。紫外線量が急増する夏場は、肌の露出も多くなりがちですし、紫外線対策をされている方も多いかと思いますが、それ以外の季節はいかがでしょうか?太陽の照り付けも強くない秋~春にかけては、油断しがちな季節ですよね。服装も長袖やパンツスタイルなど、肌の露出が少なくなるため、紫外線に対する意識も少なくなりがちです。ところが、夏場ほどは多くないですが、紫外線量は1年を通じてゼロではありません。また、太陽が出ていない薄曇りのときでも90%近くの紫外線が降り注いでいます。そんな中で1年中、紫外線にさらされているのが髪と頭皮です。ところが、髪や頭皮は無防備な状態・・・。そんな方も多いのではないでしょうか。ぜひ、今回の記事をお読みいただき、髪と頭皮のケアも気にかけてみてください。

 

特集

■髪の日焼けは、乾燥やパサつきの原因にも!
髪が乾燥したり毛先がパサつく要因はさまざまありますが、特に夏場は紫外線が原因の可能性があります。顔や手足には日焼け止めを塗っているけど、髪の毛や頭皮は無防備な場合が多いですね。1年で紫外線量が最大になる夏場、さらに太陽に一番近い位置にある髪や頭皮は影響を受けやすいのです。髪は紫外線によりダメージを受けることでタンパク質が破壊され、パサつきなどのトラブルが起こりやすくなります。さらに、汗やプール・海水浴で水に濡れた状態で紫外線を浴びると、髪の毛の中で酸化がおきてさらに大きなダメージを受けてしまいます。髪の色が明るくなるのも、色素が参加によって分解されることによって発生します。肌の場合、メラニンがある程度の紫外線は吸収してくれますが、髪の場合はメラニンが存在せず表面を覆っているキューティクルが紫外線によりダメージを受けます。これにより、髪のツヤが失われ、手触りが悪くなるのです。

特集

■髪と頭皮の紫外線ケア
対策としては、お肌と同じく紫外線を防御することです。スプレータイプの日焼け止めをスタイリングのあとに軽くスプレーして守る方法や、日焼け止め以外にも、髪用の紫外線対策アイテムもありますのでお気に入りを探してみてください。また、汗をかいたりすると効果が弱くなってきますので、外出時間が長い場合は途中でつけなおすと紫外線防御効果を保てます。

特集

■アフターケア
外出後には、アフターケアも忘れずに。特に夏場はダメージ量も多く、髪の毛はパサつきや切れ毛・枝毛も多くなってしまう時期なのででしっかりケアしましょう。また、入浴後もしっかりケア。タオルドライをして、熱が1か所に集中しないように適度に髪から離した位置でドライヤーをかけましょう。近付けすぎて熱かったり、ドライヤーを使う時間が長くなると、せっかく入浴中にケアした効果が台無しになってしまいますので気を付けましょう。特にダメージが気になる方は、アウトバストリートメントなどをお使いいただくのも良いかと思います。また、毎日同じ分け目だと紫外線にさらされる頭皮の位置も常に一定になってしまうので、日によって分け目を変えることでダメージを分散させることができます。そうした小さな心がけも頭皮を健やかに保つケアの一つです。

ぜひ髪と頭皮を健やかに保ち、若々しく生きいきとした印象を手に入れましょう。

RECOMMEND ITEM

リレイ

LILAY

LILAYのアイテムに含まれる『イチョウ葉エキス』には強い抗酸化作用があり、頭皮に良いだけでなく紫外線から肌を防御するシステムを高める効果があります。毎日のスタイリングをするだけで髪のUVカットも出来ちゃうのは嬉しいですね!

リレイラップミスト

 

LILAY Wrap Mist 120ml

2,916円(税込)

BUY >>

特集_LILAY

 

LILAY

その他のアイテムはこちらから

※こちらのページの商品の効果・効能については個人差があります。