2019.6.05

梅雨の時期の髪の悩み

特集

~髪の毛の悩みが多くなる梅雨の季節~

雨の多いこの季節は、思い通りにヘアスタイルが決まらず悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜ雨の日は髪が膨らんだりうねったりしてしまうのか・・・そして、どうすればいいのか・・・。

正しい知識と対策で、梅雨の季節も快適に乗り切りましょう!

 

特集

■スタイリングがしにくい理由は?
髪が広がったりうねったりするのは“水分バランス”が原因。通常、髪に含まれる水分量は10%前後と言われていますが、雨で湿気が増えると髪がいつもの倍以上に水分を吸収してしまうことによって水分バランスが崩れてしまい、クセやボリュームが出てしまいます。

日本人の髪質は約70%がクセ毛で、カラーやパーマをしたことがなくダメージのない髪でも“うねり”や“広がり”は出てしまいます。中でも傷んでいる髪は、外部からの刺激が直接髪の中心まで影響を受けるため、より強いクセが出てしまうのです。そして、うねりが強ければ強いほど、ウェーブした髪に対し光が乱反射して艶のないゴワゴワな髪に見えてしまいます。

特集

■髪のクセを抑えるポイントは?
では、悪戦苦闘の原因となる髪のクセを抑えるにはどうすればよいのでしょうか。まずは、ドライヤーです。朝にシャワーを浴びて身支度を整える方も多いかと思いますが、ドライヤーを使いしっかりと髪を乾かすことがポイントです。忙しかったり面倒くさいという理由で、ある程度乾いていればいと思ってしまいがちではないですか?髪の根元に水分が残っているとうねりや広がりの原因となるので、いつも以上に根元に注意して乾かしましょう。スタイリング剤はサラッとしたオイルや、粒子が細かいスプレータイプのもの、トリートメント効果のあるワックスなどを使うと良いでしょう。

特集

 

また、忘れがちなのが紫外線ケア。梅雨の晴れ間こそ紫外線は強く、頭皮と髪に与えるダメージも大きいことをご存知ですか?頭皮は日に焼けることで角質がはがれてフケになったり、脂とまざって毛穴をふさいでしまいます。また、毛髪自体も紫外線によって弾力性がなくなり、コシのない髪になってしまいます。UVケアができるヘアケア製品専用のサンプロテクトオイルを使うこと。髪1本1本をコーティングすることで、紫外線からも湿気からも髪を守ってくれる。

特集

 

■スタイリングで快適に
どうしてもクセが気になる時は“ヘアアレンジ”がおすすめです。簡単なアレンジなら2~3分でできるので、髪に無駄なダメージを与えずにクセを隠せます。 全体的にクセがありボリュームが出すぎる/部分的にうねってバランスが悪いなど、うねりが目立つ部分をまとめるだけで快適に過ごせます。

髪が広がる理由と対処法さえわかれば、雨の日も髪と上手に付き合えるはず。これからくる梅雨も素敵に乗り切りましょう!

KOLME TOKYO
RECOMMEND ITEM

リレイ

LILAY

植物由来で敏感肌の方や子供にも、そしてサイエンスのパワーで操作性の良さを叶えます。保湿だけでなく補修効果で朝のスタイリングに夜のトリートメントにも。仕事に起きる朝も誰かと過ごすリラックスな夜にもフィットするほのかな香り。植物由来のUVカット成分配合。ヘアにボディに全身保湿ケア。

リレイトリートメントバーム

 

LILAY Treatment Balm 40g

2,700円(税込)

BUY >>

リレイ

 

その他のアイテムはこちらから

 

※こちらのページの商品の効果・効能については個人差があります。