2019.7.01

夏の冷え症にご用心!

特集

『もうすぐやってくる、夏本番。暑い夏をどう乗り切ろうかと考える方は多いかと思いますが、実は夏でも冷え症で体調を崩す人が多いのをご存知ですか?』

昔は着るものや食べ物などで体温の調節スムーズにできるように工夫していました。ところが、着る物や食べ物は「夏だから」ということで昔と同じように薄着をしたり夏らしい食べ物を食べたりしますが、現代の生活ではそこに常に冷房が完備された環境があります。このように、夏らしい過ごし方を冷房の効いた環境で行うと、冷え症の症状が出やすくなります。

夏の冷え症の特徴は、内臓の冷え。冷たい飲み物や食べ物をとりすぎると、内臓温度が低下して免疫力が大幅にダウン。風邪をひきやすくなったり、ホルモンバランスの崩れも引き起こし、さまざまな不調を招く原因になり得ます。また、内臓温度の低下による免疫力ダウンに加え、夏の強い紫外線や温度差の激しい場所への出入りで体力を消耗したり、寝苦しさで不眠になったりといったような要因が積み重なことで、夏の体は慢性疲労の状態になりやすいのです。慢性疲労がさらに進むと、自律神経の乱れにより体温調節ができなくなるという悪循環に陥ることもあります。「寒いから温める」というわかりやすい対策ができる冬とは違い、夏特有の環境とさまざまな要素が複雑に絡み合って生じる「夏の冷え症」は想像以上に厄介なものなのです。

では、「夏の冷え症」にならないための対策にはどんなものがあるのでしょうか?日常で簡単にできる方法を3つご紹介!

特集

■体を温める食べ物を摂取する

・かぼちゃなどの緑黄色野菜やアーモンドでビタミンEを摂取しましょう。
・ニンニクやショウガ、とうがらしなどのスパイスは深部対応を上げてくれます。
・納豆やヨーグルトなどの発酵食品で免疫力をアップさせましょう。

■適度な運動をおこなう

筋肉量が少ないと冷えやすい体になるので、適度な運動で筋肉を動かしましょう。
特に足腰や体幹の筋肉を鍛えるため、体幹トレーニング後にウォーキングするのがおすすめです。

特集

■湯船に入って体温を上げる

夏はシャワーですませがちですが、1日冷房にさらされた体は冷え切っています。短くても良いので、湯船につかりましょう。
また、湯船につかると下半身に水圧がかかり、血液やリンパ液が押し上げられてむくみも改善し、内臓の働きも活発になり代謝もアップします。
湯船の中やお風呂上りのマッサージも効果的です。お気に入りのマッサージアイテムでリラックスタイムを過ごして、身も心も疲れ知らずに!

RECOMMEND ITEM

特集_LILAYバナー

LILAY

植物由来で敏感肌の方や子供にも、そしてサイエンスのパワーで操作性の良さを叶えます。保湿だけでなく補修効果で朝のスタイリングに夜のトリートメントにも。仕事に起きる朝も誰かと過ごすリラックスな夜にもフィットするほのかな香り。植物由来のUVカット成分配合。ヘアにボディに全身保湿ケア。
『LILAY ALL YOUR OILで全身を温めながらほぐしましょう!』

ALL YOUR OIL_LILAY

 

LILAY ALL YOUR OIL 150ml

3,780円(税込)

BUY >>

特集_LILAY

 

LILAY

その他のアイテムはこちらから

※こちらのページの商品の効果・効能については個人差があります。