2018.10.22

アウトバストリートメントとは?

特集_アウトバストリートメント

「アウトバストリートメント」とは、お風呂から出たあとに使う、洗い流さないトリートメントのことです。

いつも寝起きに髪がボサボサ!髪が絡まって大変!!
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ入浴後に髪を乾かすときにアウトバストリートメントを使ってみてください。
翌朝、起きたときに寝ぐせや髪の絡まりが少ないのはもちろんのこと、毛先のダメージも軽減されて、指どおりがなめらかになります。

 

特集_LILAY

<アウトバストリートメントの種類>

アウトバストリートメントには、オイルやバームのような液体状のものやスプレーするミストタイプなど様々なものがあります。

■オイルタイプ
髪の表面をオイルがコーティングし、水分の蒸発を防ぎます。髪がしっとりまとまりやすくなります。

■バームタイプ
しっとり柔らかな仕上がりになります。馴染みがよく、髪の奥まで浸透します。

■ミストタイプ
髪全体にまんべんなく広がるので、時間をかけずにサッと済ませたい方におすすめ。仕上がりも軽くてサラサラですので、べたつきが苦手な人におすすめです。

特集_ドライヤー

<正しい使い方>

髪を保湿し、ダメージを補修してくれるアウトバストリートメントは、正しい使い方をすることでさらに効果を発揮します。
使い方はとても簡単です。

1.シャンプー後にいつもどおりコンディショナーをして、入浴後に髪をタオルドライして水気を除去します。

2.アウトバストリートメントを髪に適量つけます。ダメージが多い毛先は特に念入りに。

3.ドライヤーでいつもどおり髪を乾かす。

<POINT>
・タオルドライは優しく丁寧におこなってください。
濡れいている状態の髪の毛はキューティクルが開いた状態。タオルドライでキューティクルが閉じた後にトリートメントすることで、ドライヤーの熱や寝ている間の摩擦などのダメージから髪を守るのはもちろん、アウトバストリートメントに含まれる成分が水気で薄まらず、最大の効果を発揮してくれます。

・特に男性の方や髪の毛が短い方は、ドライヤーをお使いにならない方もおられますが、髪や地肌が濡れたまま寝てしまうと、雑菌などによりかゆみやフケを引き起こす可能性があるので、アウトバストリートメントを使ったあとは、必ずドライヤーで乾かしましょう。
ただ、髪はとても熱に弱い性質を持っていますので、温風を髪の毛に近付けすぎると逆にダメージが広がてしまいます。

そして、アウトバストリートメントは、日中のワックス代わりとしてもお使いいただけます。
ハードワックスなどホールド力が高くつけ心地の強いスタイリング剤が苦手という方や、ナチュラルに仕上げたい方におススメです。
アウトバストリートメントは、乾燥はもちろん紫外線や静電気から髪の毛を守ってくれる効果があるものもありますので、
ぜひご自分に合った使い方を見つけてみてください。

KOLME TOKYO
RECOMMEND ITEM

特集_LILAYバナー

LILAY

LILAYシリーズはスタイリングにはもちろん、アウトバストリートメントとしてお使いいただけます。
特にラップミストとオールユアオイルは、アウトバストリートメントにぴったり。
オールユアオイルは、バスオイルとして、シャンプー前のスキャルプマッサージとしてもお使いいただけます。
入浴後、ライトな質感をお好みの方はラップミストを髪に、ボディに。
よりしっとりをお好みの方は、オールユアオイルをお試しください。

Wrap Mist_LILAY

 

LILAY Wrap Mist

2,916円(税込)

BUY >>

ALL YOUR OIL_LILAY

 

LILAY ALL YOUR OIL

3,780円(税込)

BUY >>